第12回日本薬局学会学術総会に参加してきました!

こんにちは。

薬局アポック入間店の王です。

11/3(土)~11/4(日)に名古屋で開催された

「第12回日本薬局学会学術総会」に参加させて頂きました。

その様子をご紹介いたします。

今回の学会では89題の口演発表と157題ポスター発表が出展されておりました。

その中で私は

「抗インフルエンザウイルス薬の使用実績からみたインフルエンザの流行の早期発見、および適正在庫予測の試み」

についてポスター発表させて頂きました。

ポスター発表は60分間の質疑応答時間がありました。

その中でさまざまな方々から質問を頂き、情報の交換ができました。

入社してから初めての学会で緊張もありましたが、

いろんな人との交流ができとても充実した時間を過ごすことができました。

夜や学会の時間以外では

本部や他の店舗の方々と名古屋名物の名古屋コーチンを食べたり、

観光を行ったりととても充実した2日間を過ごすことができました。

第51回日本薬剤師会学術大会に参加しました!

こんにちは。

ポプラ薬局の谷代です。

9月23日(日)・24日(月・祝)に金沢で開催された「第51回日本薬剤師会学術大会」に参加させて頂きました。

今回はその様子をご紹介いたします。

今回の学会のメインテーマは「人として、薬剤師として。」でした。

人が一生のうちで必ず体験する「生・老・病・死」というものに薬剤師はそれぞれの局面でどんなかかわりが出来るか、また、どうかかわるべきかについて考え、気づくきっかけを掴む為の講演が企画されていました。

 

その中で私はポスター発表をさせて頂きました。

内容は2店舗合同で研究をした「重複投薬・相互作用等防止加算チェックリストの有用性の検討について」です。

ポスター発表はポスターの前で1時間半の質疑応答があります。

たくさんの方々から質問をして頂き、今回の研究内容に興味を持って頂いたことに喜びを感じました。最初から最後まで人が途切れることはなく、用意していた配布資料もすべて配布することができました。

 

初めての学会の参加&発表ということでとても緊張をしていましたが、本部の方々をはじめ、様々な方からのサポートを受けながら、無事に終えることができました。

夜は金沢の美味しい食事とお酒で、社長をはじめ本部と他店舗の方々とも交流ができ、楽しい時間を過ごすことができました。

第11回日本在宅薬学会学術大会へ参加してきました

こんにちは。川越中央店の稲積と申します。

7/15・16に大阪で行われた
第11回日本在宅薬学会学術大会へ参加してきましたので、
その内容をお伝えしたいと思います。

今回は特に発表はなく参加のみでしたが、
顔ぶれは様々で店舗や本部勤務のメンバー、計7名で行って参りました。

 

学会としては比較的コンパクトでアットホームな印象でした。

薬剤師が地域医療の現場で力を発揮していくための必要なスキルや
多職種との連携の重要性等すでに周知されていることではありますが、
超高齢化を目前に薬剤師の資質が問われていることや
薬剤師の地位を上げていくためにも今が踏ん張りどころであると
今回の学会を通してあらためて実感しました。

今回アポックからの発表はなかったですが、
参加することで他の薬局やメーカーでの取組みを知る事で新たな発見もあり、
良い刺激になりました。

夜はみんなで美味しいお好み焼きや鉄板焼きなどいただいてきました☆

暑い暑い大阪でしたが、実りある2日間となりました。

 

 

 

第50回日本薬剤師会学術大会に参加してきました!

こんにちは、銀座ガス燈通り店の伊藤です。

10月8日・9日に「第50回日本薬剤師会学術大会」に参加してきました。

私が勤める銀座の店舗からほど近い東京国際フォーラムでの開催で、

テーマは『Pharmacists Practice with Pride ~新たな時代に向けて、さらなる飛躍~』

50回目の節目の大会で、参加者の皆さん、非常にモチベーションが高かったです。

 

東京オリンピックを目前に控えたタイミングでの開催なので、

アンチドーピングに関連して、

金メダリストをゲストに迎えての特別講演が行われるなど、

非常に盛り上がっておりました。

市販の風邪薬にもドーピング検査で引っかかってしまう薬が多く、

これからしばらくの間、

薬剤師の派生資格であるスポーツファーマシストの需要が上がると思われます。

今後、プロスポーツ選手の来局も考えられるので、私も取っておきたい資格ですね。

 

その他、かかりつけ薬剤師、注射薬&輸液の無菌調剤に関連して、

各薬局ともサービス向上のためにいろいろな工夫をこらしており、

新しいことにどんどん挑戦していかないと置いていかれてしまう雰囲気で、

気が引き締まりました。

 

来年は金沢だそうです。

今後、いつか発表でも参加できればと考えております。

『薬局アポック鴻巣店 事務の一日』

薬局アポック鴻巣店 事務の飯田です。

今回は、事務目線でお店での1日を紹介します。

 

今日は、月曜日。

「おはようございます!!」

と、いつものようにスタッフと挨拶を交わし、みんなでお掃除開始!

夏が近付くにつれて虫の発生が増えている鴻巣店は朝のお掃除が少し大変です。

 

掃除の後、管理薬剤師の号令で朝礼が始まります。

みんなで事業理念を唱和したら、お仕事開始です。

 

今日は、透析患者様の定期処方をいっせいに受ける日なので、

外来&透析の処方入力、がんばるぞーっと自分に気合を入れて入力開始!

来局した患者様にも笑顔でごあいさつ。

バタバタしながらあっという間に午前が終了。

レジのお金が合っているのを確認したら、待ちに待ったお昼休みです(笑)。

1時間の休憩が瞬く間に過ぎ、おなかいっぱいで回復したら午後のお仕事が始まります。

 

午後の外来が始まるまでに、

仕入れたお薬の納品照合や処方箋入力の再チェックなどを行います。

午後も外来が始まってから、透析の処方がやってくるので処方入力の嵐です・・・。

 

そして業務終了時間を向かえ、 ここから締め作業の開始です。

売上金やレジのお金がズレていないか確認、報告事項の伝達など、

マニュアルに従い順調に作業が進みこちらも無事に終わりました。

 

みんなで戸締りを確認して、笑顔&安堵(笑)で

「お疲れ様でしたー!」と今日1日のお仕事終了!!

 

以上、鴻巣店の事務の一日でした。

患者様から学ばせていただきました!

こんにちは!

ポプラ薬局に勤務する1999年(なんと20世紀!!)入社の中村です。

ポプラ薬局は入間市のまるひろの前にあります。アポック入間店のすぐそばです。

私達は、日々の外来調剤だけでなく、在宅や施設調剤も頑張ってます。

徒歩や自転車では回りきれない広範囲。患者様の体調管理のために電車や車で走り回っている毎日です。

そんな在宅患者様とのエピソードを皆様にちょっと紹介したくて。

 

電車に乗って二駅の在宅患者のT様。90歳を超えた男性です。この方、なかなか気難しく…。

「調子はいいですか?」と尋ねると「何をもって 調子がいい というのか?」なんていうやり取りが多く。それでもめげずにお宅に伺っていました。

ところが、私が自転車で転倒して長期休みに(ご迷惑おかけしました<(_ _)>)。休んでいることを別のスタッフが伝えてくれていました。

めでたく復職して初めてのT様の在宅の日。「これから、お薬お届けに行きます~~。」と、いつも通りに電話したところ、「おぉ!転ばずに来るんだぞ!!」と。

泣けました。

あったかい気持ちと言葉。

そして、何より覚えていてくれたこと。

T様から学びました。「覚えていてもらえること」と「覚えていることを伝えるあったかい気持ちと言葉」がとてもうれしいということ。

日々の業務の中で、この学んだことを一人でも多くの患者様に対してできるようになりたいなあと。

T様、これからもよろしくお願いします!!

休日の過ごし方

こんにちは!

練馬大泉学園店の薬剤師Yです。

皆さんはどんな休日を過ごしていますか?

私はフットサルとサッカーを主にやっています。

フットサルは2チームに所属していて1つのチームは幅広い年齢層のチームです。上は40代後半、下は高校生からいます。

もうひとつのチームは20代後半から30代前半がメインのチームです。

大会に出たり練習したり、しています。

ただ最近は、フットサルはもちろんの事フットサル後のみんなでご飯に行ったり飲みに行ったりする方がメインになっていたりします。(笑)

医療業界は狭いので、色々な人と交流できる場所があると良い刺激になり気分転換にもなります。視野を広げるのにも役に立つと思います。

薬局の人と話しているときは当たり前だと思っていたものが、フットサルに来ている人たちと話している時に言っても通じない言葉などもあります。

例えば「地域包括」です。薬局内で会話しているときは地域包括と言っても通じますが、他で話したときは意味の分かる人が少ないのです。

このように普段気付かないことを発見することもできます。

運動は健康に良いだけでなくストレス発散にもなり、スポーツによっては交友関係を広げる事が出来るので、みなさんも是非なにかやってみてはいかがでしょうか?

おすすめの本を紹介します!

熊谷宮前店に勤務の薬剤師3年目の小山です。

このたびは、好きな本を3冊紹介させていただきます。

 

「図解で分かるスタンフォードの自分を変える1冊」(大和書房)

私自身、この本を読むまでは、計画を立てられない、やるべきことを先延ばしにしてしまう、勉強が手につかないなどの自堕落な生活を送っておりました。

この本には、「私たちはなぜ誘惑にまけてしまうのか」を科学的に解説しており、「どうしたら悪い習慣を捨てて健康的な習慣を身につけられるか」「物事を先延ばしにしないようになれるか」の方法を具体的に教えてくれます。

私自身書いてあることを実践したところ、徐々に効果が現れはじめました。

図解で説明されているので、わかりやすいです。全ての方におススメの一冊です。

 

「別冊宝島 まんがと図解でわかるブッダ」(宝島社)

 ブッダと聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか。

「仏教を開いた人」というイメージを持たれる人が多いかもしれませんが、ブッダの教え自体はあまり浸透していないのではないでしょうか。

この本では、まんがと図解を用いてブッダの教えがわかりやすく解説されています。

中身の一例として、ブッダは「人生は苦しい」ということを前提にしています。

欲求というものは誰しも持っておりますが、欲求が達成されない時に、苦しみが起きるとされます。

こだわりを捨て常に清らかで平静な心を持てば何の苦しみにもわずらわされないという教えがあります。

誰しもが持つ煩悩は、近所にいる少し厄介な犬と同じようなものですが、煩悩との上手な付き合い方も解説されています。

 

「謎解きで学ぶ 薬学生・新人薬剤師のための処方解析入門」 (薬ゼミ情報教育センター) 

ケースごとに処方せんとシチュエーションが記載されており、こういった場合はどういう指導をするのが最適なのかが解説されています。

その指導に到るための薬物の使い方、疾患のこともピンポイントで解説されており、業務で役立つ一冊です。

 

以上、私の好きな本3冊の紹介でしたがいかがでしたでしょうか。

寒さ厳しくなってまいりましたので、お風邪を引かぬよう、皆様ご自愛ください。

最近の出来事~休日薬局当番を経験~

 こんにちは、薬局アポック赤羽店の小野田です。

今回は私が最近体験した出来事をご紹介します。

 

薬局アポック赤羽店のある北区では、日曜日の休日診療における休日薬局にも参加しています。

北区にある様々な薬局が持ち回りで担当しており、1つの薬局の当番は大体半年毎です。

薬局の薬剤師が3名いるとしたら、1人の薬剤師に当番が回ってくるのは1年半に1回となります。ゆえにそこまでの重荷ではありません。

 

先日、私は初めてこの休日薬局の当番に参加しました。

休日薬局とはいえ、行ったことのない薬局で働くのは非常に緊張しました。

なにしろ普段使っているパソコンや調剤器具ではないのです。

説明書をよく読み、不慣れな手つきでありながら、なるべく早くお薬を準備して患者様へお渡しできるように頑張りました。

 

11月といえども、もう十分に寒いです。

そのため休日当番には風邪を引いた患者様が多くいらっしゃいました。

7割はお子さんの処方です。

一緒にいらっしゃるお母さんもとても大変そうです。

日曜日にお薬をもらえる場所は限られています。

かなり遠くの地区から来ていたご家族もいらっしゃいました。

 

基本は休日薬局に備蓄のあるお薬から処方箋が書かれますので、大体のお子さんのお薬の内容はほぼ似通ってきます。

解熱剤・せき止め・痰切り・抗生物質などが大体の内容です。

お薬の規格としてはシロップ剤や粉薬が多いです。

粉薬が飲めないといった場合はシロップ剤になったりします。

 

休日診療では基本は臨時としてのお薬の量しか出ませんので、大体は1日分か2日分ほどの量となります。

この量で休日を乗りきってもらい、休み明けになったらきちんと医療機関を受診して頂く形です。

そのため、可能ならば病院の診療時間内で受診するのが望ましいです。

その方がお薬の日数をより多くもらうことが出来るからです。

もちろん急な症状変化であったならば仕方ないのですが、休日診療は平日の診療よりもサービスの幅が狭くなってしまうということは覚えておくといいかもしれません。

 

小さなお子さんを持つ親御さんは、休日でも受診できる近隣の医療機関を前もって確認しておくとよいでしょう。

お子さんがいつ風邪やインフルエンザにかかるか分かりません。

事前の把握が緊急時の素早い行動へとつながります。

休日の過ごし方

こんにちは、入社5年目の黄金井です。

熱心なアポックブログ読者の方がいらっしゃれば『あれ?この名前どこかで・・・?』と思う方もひょっとしたら、居るかもしれませんね。

そう、何を隠そう私がこのブログに登場するのは今回で3回目になります。
とはいえ、最後にアポックブログを書いてから3年近くが経過しているのですが…。

ブログを書いていた当時はまだまだ仕事も覚束ないヒヨッ子でしたが、あっという間に年数だけは中堅の社員になってしまいました。

さて、前置きが長くなりましたが今回はズバリ『私の休日の過ごし方』について書きたいと思います。アポックブログでは珍しいテーマかもしれません。

極めてプライベートな話題ですが、お気軽にお付き合いくださいませ。

 

私の休日の過ごし方、それは『お散歩』です!


というのも、我が家には現在1歳6か月の元気なポメラニアンが居るからです。
平日はあまりお散歩する時間がないため、休日は専らワンコを連れてお散歩に行くのです。

そんなお散歩シーンをパチリ。

702-1
ハーネスつけてお散歩の準備

702-2
 花と緑の散歩道
いつもの散歩コースを進みます

702-3
  公園に到着!
 地元民の憩の場です

702-4
 今回はお初のドッグカフェへ
おからクッキーはワンコ用です

702-5
  たそがれています

702-6
 美味しくいただきました♪
ワンコは野菜と玄米のテリーヌ!

今回は初めてのドッグカフェにお邪魔したのですが、オーナーさんを始め、常連のお客さん方が話しかけてくれて、ワンコを通じて楽しく会話に参加させて頂きました。

一期一会かもしれませんが、こうした出会いにより気づきや学びを得たりすることもしばしばあったりして、ありがたいことだと感じます。

日々、命と関わる仕事をするうえでプライべ―トの充実を図ることはとても大切です。

働き始めて新人の頃は休日にのんびりする精神的余裕もそんなにはありませんでした。
ですが、5年目になり気持ちに余裕が出てきたのかプライベートの充実に気持ちが行くようになってきました。

 こうして休日で気持ちをリフレッシュして、また新たな1週間を迎えられる訳ですね♪