サンクスボード 8年目突入です!!

こんにちは入社14年目の荏子田ファーマシー店豊岡です。

今回は当社全店で実施しているサンクスボードについて紹介させていただきます。

サンクスボードとは、日常業務の中で誰かにしてもらってうれしかったこと、また誰かがしている言動でいいなと思えるようなことを小さなカードに記入してボードに貼り、その内容を社員全員で共有するというものです。

ssimage (2) ssimage (3) ssimage

このサンクスボードは8年前のある出来事がきっかけになり、実施することになりました。

ある日、職員の一人が体調が悪く休憩室で休みながら仕事を何とかしていました。

皆は「休んでいいよ」と声をかけてはいたのですが混んでいたこともあり、彼女は休みながらでも仕事はしていました。

退社する時間になり、彼女は調剤室の奥まで来て「今日はご迷惑をおかけしてすみませんでした」と深々と礼をして帰宅しました。

もちろん当たり前のことといえば当たり前のことなのですが、その当たり前のことができない人々が多い中、私はものすごく暖かい気持ちになり、顔色が悪くふらつきながらも調剤室の奥まできて礼をした姿に感動すら覚えたのです。

私はこの気持ちを皆に知ってもらいたいと思いました。

そのためにどうすればいいのか考えました。

してもらってうれしかったこと、患者様にしている態度でいいなと思ったこと、どんな些細なことでもいいのです。

皆で共有できればほめてもらった本人はもちろんうれしいし、ほめた人も暖かな気持ちになります。人を非難することは多くても、ほめることはあまりしません。

ですからこの良い出来事を共有できれば職場の雰囲気も暖かくなり、モチベーションアップにもつながるのではないかと考えたのです。

 

現在全店で実施しているサンクスボード。

s704入間6月 s720木更津6月 s726ポプラ6月 s733日高1号6月

この成果が数値的なもので表すのは大変難しいですが、

途中入社の方に「ありがとう。の感謝があふれる会社ですね。」

と言われたり、諸事情で退社された方とお会いした時に

「アポックのほめる文化を自分の生き方にも取り入れてます。」

と言われたりするとうれしい気持ちになります。

これからサンクスボードが9年10年と続いていくことを願っています。

休日の過ごし方 ~運動の秋~

こんにちは
千住店の渡邉です。

皆さんは最近なにか運動をしていますか?

私は運動というと通勤の階段の上り下りくらいしかしていませんでした。
肩こりと頭痛の症状が続いていた為病院を受診すると、
医師から毎日のラジオ体操と何か運動をするように勧められました。

そこで、小学生の頃に習っていた水泳を始めることにしました。

久しぶりに泳いでみると、25mをバタ足で泳いだだけで息があがってしまいました。
以前は、100mくらい軽々と泳げていたはずなのに…

今では月に3~4回のペースで泳ぎ、泳げる距離を伸ばすのが楽しみの1つになっています。

毎日のラジオ体操と水泳の効果が出たのか、今では以前より肩こりが改善し、
頭痛の頻度も少なくなったように感じます。

運動することは健康面でなく、ストレス発散にも効果があるそうです。
過ごしやすくなったこの季節に、皆さんも何か運動を始めてみてはいかがでしょうか。

「おくすり手帳」をご存知ですか?

こんにちは、薬局アポック上福岡西口店の占部です。

10年ひと昔とよく言いますが、私もアポック入社後10年の節目を迎えました。10年前には思いもしなかった自分の状況(結婚、マイホーム、子育て、仕事)に我ながら驚いています。

さて、アポック上福岡西口店は、東武東上線上福岡駅前ココネビル1Fにあります。営業時間はAM8時~PM9時(月~金)AM9時~PM6時(土日祝日)と年中無休で営業しています。主にココネビル2F医療機関からの処方を受け付け婦人科、透析を含め幅広い処方を承っています。

ここで働けば調剤薬局における業務の多くを学ぶことができる店舗です。なのでここで働く店舗スタッフは皆さんとても広い知識を持ち優秀な方ばかりで私も毎日助けてもらってばかりです(汗)

地域の患者様の特性かもしれませんが、社内での統計調査から判りましたがお薬手帳を持って薬局に来られる患者さんの割合が社内№1でした。

『お薬手帳』、何ぞやという方もいらっしゃるかもですし、ここでお薬手帳について触れてみたいと思います。

お薬手帳とは調剤薬局で希望すれば、無料でもらうことができます。各県や各市町村の薬剤師会や調剤薬局などが発行しており、ハガキ大ほどのサイズで、厚さは3mm程度の物が多いです。表紙のデザインは、キャラクターがあしらわれた物から、シンプルにまとめられた物までさまざまです。

アポックでは、持つのが楽しい手帳となるよう、さまざまな表紙をご用意しています!

sお薬手帳

お薬手帳は自分が使っている薬の名前・量・日数・使用法などを記録できる手帳です。副作用歴、アレルギーの有無、過去にかかった病気、体調の変化などについても記入できます。

患者様によっては、同時に複数の医療機関で受診することもありえますが、医療機関ごとに複数のお薬手帳を使っていては、薬の情報を1冊に「集約」するというメリットを最大限に発揮できません。「命に関わる情報」をコンパクトにまとめるためにも、1冊のお薬手帳を使用し続けるようにしましょう。

一人で旅行や外出をしたときに意識を失って医療機関に搬送されたときなど、お薬手帳を持ち歩いているか否かが生死を分けるケースもあり得ます。また、さきの震災の時にもお薬手帳が大変役に立ちました。震災時にいつも通っていた病院や診療所に行けなくなった方が別の病院や診療所での受診の際にこのお薬手帳を持っていたおかげで、今までのお薬での治療経過がわかり、すぐ対応できたそうです。

「いざ」というときに困ることがないよう、免許証や保険証などと同様、お薬手帳を常に持ち歩く習慣をもっていただくことをお勧めします!

褒める(承認)文化をアポックの組織文化に根付かせよう!

社長の今田です。

人間怒られるより褒められた方が嬉しいはずだ。
かくゆう私もその一人であるかもしれないが。しかしお世辞は、逆効果
嫌味に聞こえる。
褒めることは、相手とのコミニュケーション力のアップ又相手に自信を与え、
自身の創造性に火を付けると思う。

大学時代、薬学部で廃部になっていた軽音楽クラブを復活すべく没頭した事がある。
ジャンルはジャズ、ハワイアン、フォークをイメージしていた。
同級生に高校時代ブラスバンドでクラリネットを吹いていた斉藤君がいた。
彼に私の思いを話すと彼も非常に乗ってきた。
クラリネットを中心に目指すは鈴木章治とリズムエース?
初めて彼のクラリネットを聞いたが、どうも行進曲?
それから彼とジャズ喫茶通い。
休みの日も工学部の軽音楽の部室を借り、彼がクラリネット私がドラム。
(もともと音楽の素養があったわけではないが、彼の相手を務めなくてはならないので私も
必死。ドラムでフォービートを刻む。そんないいものか!)
冬のある日大雪で部室が埋まっていた時も二人で穴を掘って部室に。
(こりゃあ尋常の沙汰ではない)
彼は少しづつ行進曲調からジャズっぽくなっていたが、どうしても譜面から逸脱出来ず、
肝心のアドリブが、なかなか出来ない状態が続いていた。

そんなある日、夜も更け外はしんしんと雪が降り部室は零下。手はかじかんでスティックがなかなか持てない。「斉藤、今日はもうやめようか」と言おうとしたら斉藤君が譜面にとらわれず自由に吹いていた。
そのメロディーはジャズ喫茶で聞いたような、いやしかし彼ならではのような。
「斉藤!それだよそれ!」「最高!」
凄い感動であった。

それ以後の彼は、みるみる腕を上げ、私には大学No1の奏者に思えた。

usa

社名「日本アポック」の由来とは?

採用担当の市川です。
今日は、アポックという会社について少しお話させていただこうかと思います。

このブログをご覧の皆さんは「日本アポック」という会社をご存知でしたか?
残念ながら、よく「アボック」とか「アトック」とか「エポック」とか、いろいろと聞き間違えられてしまいます(笑)

 また、社名の由来も良く聞かれます。日本アポック「APOCH」は、英語でいうAPOTHECARY(=薬局)と、EPOCH(=画期的な時代)を合成して命名されました。すなわち、「日本における薬局の画期的な時代を創る」という意味が込められているのです。

 アポックの設立は1995年です。1996年8月に第1号店である「けやき薬局千住店」がオープンしました。それから19年目の現在では、埼玉県に28店舗、東京都に9店舗、神奈川県に2店舗、千葉県に2店舗と、全部で41店舗になりました。本部は埼玉県川越市にありまして、私はこちらで勤務しています。ご存知の方も多いと思いますが、川越は「小江戸」とよばれており、蔵造りの町並みが今も残っているところがあります。蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。今の東京では見ることのできない江戸の面影をとどめています。
川越にお越しの際には、ぜひ一度立ち寄ってみてください♪

川越