第1期薬局実務実習が終了しました

こんにちは。人材開発部の市川です。

7月半ばに第1期実務実習が終了しました。
アポックで受け入れていた12名の学生さん全員、無事に2.5ヵ月の実習を終えることができました。今回の実習では新たな試みとしてフィジカルアセスメントの研修を取り入れてみました。

最後の集合実習では食事会を開催し、縁あって同時期にアポックで実習を受けた学生の皆さんとの交流を深めました。
食事会の最後には会長に恒例のマジックを披露していただき、みな楽しんでいたようです。

アポックでは実習終了後にアンケートをお願いしています。
もっとより良い実習指導ができるよう、学生さんの率直な意見を伺えたらと思い始めました。
アンケートには実習へのお礼と感謝の気持ちを書いて下さる学生さんが多く、とても励みになります。もちろん、「こうした方がよいのでは?」「こんなことができたらいいな」など貴重な意見をいただくこともあり、とても勉強になります。実習は学生さんの学びの場ではありますが、受け入れ側の成長にもつながりますので、協力していただけるととてもうれしく思います。これらの意見を参考に、9月から始まる第2期の実習に向けて準備を進めていきたいと思います!

4年目薬剤師研修を行ないました

こんにちは、人材開発部の村田です。

7月23日(水)4年目薬剤師対象の研修が本部会議室で行われました。今年の4年目の参加者は4年制薬剤師の最後の年です。卒業生がいない空白の年だったため、新入社員で入社した方は7名中2名のみで他は中途で当社に入社した方です。

4年目1

講義内容は、小テスト、保険薬局を取り巻く環境、副作用の機序別分類、地域活動とそれに必要な知識、危険予知トレーニング、薬事法規です。この中で危険予知トレーニングは医療事務10名の方に加わっていただき合計17名の出席者で開催いたしました。研修はワークショップ形式で行い、あらかじめ撮ってあった写真を見て、待合室、調剤室にどのような危険が予想されるかディスカッションしてもらいました。

私は、薬事法規の講義を担当させていただきましたが、これから薬局長を補佐していくような立場になる方々なので真剣に受講していました。この中から将来の薬局長候補が何人出てくれるか楽しみです。

4年目2

<薬局実習>サノフィ工場見学を行ないました

こんにちは、人材開発部の村田です。

少し前のお話ですが、7月9日(水)第1期実務実習生13名と一緒に、サノフィ株式会社・川越工場の見学に参加してきました。

サノフィ1

製薬会社の工場を見学するのは、ほとんどの方が初めてでしたので、みな興味津々でした。製造工程を見学するときは、見学専用の服に着替えて、エアシャワーを通り工場内に入りました。製造工程について実際どのように管理されているか見学することができて、大変勉強になったようです。最後のまとめの時間には、「海外と日本での品質の違いについて」、「工場内で薬剤師はどのくらいの人数いて、どんな仕事をしているか」など、沢山の質問が出ていました。学生さんにはとても有意義な見学だったと思います。

サノフィ2