フィジカルアセスメント研修を行ないました

先日、日本アポックでは社内研修の一環として、フィジカルアセスメント研修を行ないました。

フィジカルアセスメントとは、脈拍や呼吸数、体温、血圧、意識レベルなどのバイタルサインを収集し、評価(アセスメント)することをいいます。

薬剤師にとってのフィジカルアセスメントは医薬品の適正使用を評価するためのものであり、特に「副作用の早期発見」には有効な手段です。現場で実施している薬局はまだ少ないですが、今後在宅医療が進み他職種連携が進んでいくととても重要なスキルとなってきます。

では、今回の研修~薬物副作用とフィジカルアセスメント~の様子を紹介します。

第1部「視診と触診」

まずは、「視診」を行いました。薬剤師が患者さんをよく観察することで見つけることができる副作用について学びました。重篤な副作用である抗てんかん薬によるスティーブンジョンソン症候群など皮膚症状をよく観察することによって早期に発見することが出来ます。

次は、触診です。脈拍、呼吸、血圧、酸素分圧、体温などを聴診器や機器を使用し実際に測定を体験しました。

脈拍血圧

 第2部「触診」

次は、フィジカルアセスメントモデル「フィジコ」を使用した研修でした。「フィジコ」はフィジカルアセスメント技術向上のための専用のシュミレーターです。聴診器を用いて気管支喘息や心不全、間質性肺炎などの呼吸音の聞きとりや、不整脈などの心音の聞き取りを行い正常時との違いを学びました。また、携帯型心電計を用いて心電図の読み方も学びました。今回の研修で、ハイリスク薬の副作用である間質性肺炎やQT延長がどのような症状なのかがよく分かりました。

フィジコ

今回の研修には実習生にも参加していただきました。

第33回日本アポック研究発表会が開催されました ~その3~

今回は、研究発表会終了後に行われた懇親会の様子をご紹介します。

研究発表会終了後、ハイアットリージェンシー東京に場所を移して、懇親会が開催されました。この懇親会は、労使の共済会である“清流会”による開催です。

懇親会では、初参加者のメンバー紹介も行なわれました。
sIMG_9656

そして、毎年恒例の会長のマジックショーです。
sIMG_9708

最後の方では、賞品をかけたじゃんけん大会も行なわれました。
sIMG_9731

みな、美味しい食事を食べたり飲んだりしながら、久しぶりに会う仲間たちと交流して楽しく過ごしていたようです。

インターンシップ開催のお知らせ

日本アポックでは、薬学生対象のインターンシップを開催します。
施設調剤体験、健康まつり体験、薬局業務体験などさまざまな企画をご用意しています。

<施設調剤体験会>
対象:薬学生(全学年)
日時:8月4日(月)13時~17時
場所:薬局アポック南越谷店
内容:施設調剤体験
詳細はこちら→インターンシップ2014在宅1

<施設調剤体験会>
対象:薬学生(全学年)
日時:8月6日(水)13時~18時
場所:けやき薬局新狭山店(集合は川越本部)
内容:施設調剤体験
詳細はこちら→インターンシップ2014在宅2

<健康まつり体験会>
対象:薬学生(全学年)
日時:8月24日(日)10時~16時
場所:薬局アポック若葉店(集合は川越本部)
内容:健康まつり体験
(血圧測定、体組成の測定、肺機能測定、
お薬・健康相談会、子供調剤体験など)
詳細はこちら→インターンシップ2014健康まつり

<薬局業務体験会>
対象:薬学生(全学年)
日時:ご希望に応じて日程調整します
場所:ご希望に応じて設定します
内容:薬局業務体験(調剤、受付体験、服薬指導体験など)

参加ご希望の方は、担当/市川までメールor電話にてご連絡ください。
もしくは、めでぃしーんねっと2016インターンシップサイトからお申込みください。

めでぃしーんねっと2016掲載情報はこちら

株式会社 日本アポック
担当:市川
E-mail:[email protected]
TEL:049-246-7333

第33回日本アポック研究発表会が開催されました ~その2~

さて、前回に引き続き、第33回日本アポック研究発表会をご紹介します。

アポックの研究発表会は一般公開もしています。
表彰式の後は、公開講座として大学の先生や学生さんも参加していただきました。

公開講座ではまず、所沢ハートセンター理事長・院長の桜田真己先生をお招きして「サプリメントに期待できること」についてご講演いただきました。

コエンザイムQ10やアスタキサンチンなどの心臓への効果について、先生の実体験を踏まえた貴重なお話でした。
sIMG_9548

最後は、米沢上杉家17代目当主である工学博士の上杉邦憲先生(JAXSA名誉教授)をお招きしての特別講演でした。

春の研究発表会では、新入社員を迎えることもあり、社会人教育の一環として医療以外の方をお招きして毎年講演をしていただいています。

今回の講演では、“義”を大切にする上杉家の歴史を貴重な資料とともに伺うことができました。
「勇をもって義を行なう」ことの大切さと難しさは現代社会にも通じていますね。

sIMG_9630

研究発表会終了後は、場所を移動して懇親会が開催されました。
その様子はまた次回に・・・。

第33回日本アポック研究発表会が開催されました ~その1~

5月18日(日)にあいおいニッセイ同和損保新宿ビルにて「第33回日本アポック研究発表会」が開催されました。

この研究発表会は全スタッフが集まる研修会で、年2回、春と秋に開催しています。
この春に第33回を迎えました。今回は約270名のスタッフが参加しました。


今回は、その様子をご紹介します。
sIMG_9400

まず初めに、今期の会社方針について社長よりお話がありました。
sIMG_9420

次は、表彰式です。
日本アポックでは、様々な表彰制度があります。
調剤過誤ゼロ店舗、後発医薬品体制加算や処方せん枚数の目標値達成店舗、接遇・接客の5Sチェック評価上位店舗への表彰などのほか、認定薬剤師取得者への表彰、永年勤続表彰などが行なわれました。


今回は23名が表彰されました。
sIMG_9501

この表彰では、永年勤続表彰者にはJTB旅行券と2日間の特別休暇、その他の表彰者には図書カードやプリペイドカードが送られます。
こういった報酬をもらえるのはもちろんうれしいですが、表彰は「感謝」や「認知(承認)」を意味していますので、モチベーションが高まるきっかけになりますね。

この後は、「その2」につづきます。