NpHA合同就職説明会に参加してきました★

こんにちは、採用担当の市川です。

12月22日の日曜日に、日本薬局協会主催「NpHA合同就職説明会」に参加してきました!
開催場所は新宿にあるNSビルというところで、大きなクリスマスツリーが飾ってあり、とてもキレイでした♪

sDSC_2258

クリスマス目前の3連休の真ん中の日でしたが、多くの学生さんにブースまでお越しいただきました。ありがとうございました!

sDSC_2256

今回は、若手薬剤師2名を連れて参加し、現場の話を交えながら調剤薬局の仕事について、アポックの人材育成のしくみ、大切にしている取り組みのことなど、色々な話をさせていただきました。少しでもアポックの魅力が伝わり、選択肢のひとつとして選んでいただけたらうれしいです。

来年も引き続き店舗見学会を開催します。
少しでも興味を持っていただけた学生さんがいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください。
ご連絡お待ちしております♪

───────────────────────────   

☆会社説明会・店舗見学会のご案内☆

───────────────────────────

■ 日時:1月11日(土)、1月18日(土)、1月25日(土)
  *これ以降の土曜日も開催します。

 14:00~15:00 会社説明会
  15:00~17:00 店舗見学会(終了時間は個別にご相談ください)

*店舗見学会では先輩薬剤師とお話しする時間をとってありますので、遠慮なく何でも質問してください。
*会社説明会のみ、店舗見学会のみでも参加可能です。
*土曜日が参加できない方は、別の曜日にも開催しますので、お気軽にご連絡ください。

■ 場所:株式会社 日本アポック 本部(埼玉県川越市)

 ⇒ 参加申込はメールまたはお電話にて!
申込先 採用担当/市川 
Email:[email protected] / TEL:049-246-7333

千住店・南越谷店合同けやきの健康相談会2013

ちょっと前のことになってしまいますが、11月9日(土)の午後に けやきの健康相談会2013を千住店・南越谷店と合同で開催しました。

sIMG_0049

今回、千住店でイベントを行なうにあたって大切にしたことは「地域貢献」でした。

肺機能を中心とした測定や健康相談、又、必要に応じて受診勧告を行なうことで、処方せんなしでも来局できる、薬や健康について気軽に相談ができる薬局が千住にあることを、地域の方に知ってもらうことを目的としました。
そのような思いから「祭」というタイトルではなくセミナーや健康相談を行なうことを意識した「けやきの健康相談会2013」というタイトルになりました。

実施した内容は
肺年齢測定器・パルスオキシメーターによる肺機能を中心とした測定・アスタキサンチンセミナー・健康相談(測定結果の相談・健康相談・受診勧告)・血圧、体脂肪、骨量測定です。

千住店はご高齢の患者様が多いため、ご来場してくださった方が迷わないように地図を貼ったり、フロア担当者を置いて、円滑にご案内できるよう努めました。

 また、混雑時も窮屈にならないようにすることやプライバシーにも配慮したブース構成や流れを何度も検討しました。各々のスペースを広くとることを意識していたので
脱いだ上着や商店街での買い物帰りの荷物を持った来局者も、ストレスなく参加できていたと思います。

また、私は肺年齢測定を担当しましたが、測定器の操作が難しかったり、来局者数が予測できなかったり、始まるまでは不安で一杯でした。
いざ始まると、はじめは緊張していた為、ぎこちなさも残っていましたが件数をこなすにしたがって徐々に測定される方の理解度やペースに合わせて説明することが出来ていたと思います。
準備から本番まで大変だった分達成感がありました。

sIMG_0023

今回事前に学んだ禁煙治療やCOPD予防・治療についての知識は今後の通常業務にも活かしていきたいと思います。

最後になりますが、千住店での実施にあたり、若葉店の健康まつり関係者の皆様や本部の方々には準備の際に色々とアドバイスをいただき、大変感謝いたしております。どうもありがとうございました。

在宅業務に出かけてみませんか?!

川越センター前薬局2号店の段畑です。
今回は、在宅業務についてお話したいと思います。

 

新規の患者様を訪問した時のことです。 

患者様は旦那様です。
奥様が、食事やトイレなどの介助が大変。
お風呂には入れなれないから、体を拭いてあげている。それも大変。
でも、ヘルパーさんや訪問看護師さんなどが入り、とても助かっている。
車イスで病院に連れて行くのも大変だし、長い時間待てない。
先生も往診で来てくれるし、薬も持ってきてくれるのでとても助かります。
と話されました。 

このようなお話しは、混雑している薬局の窓口では聞けなかったのではないかと思います。
そして、このような患者様やご家族こそ、在宅を必要としているのだ!と感じました。 

実習生にもこの様な一コマを見せてあげられたら・・・と思いました。

 奥様も一緒に薬を管理してくれています。旦那様も身体は不自由ですが、アドヒアランス良好。今後も副作用の発現や、嚥下能力の低下など、経過を見ていきたいと思います。

高齢化が進む中、在宅を必要とされる患者様が今後増えていくことが予想されます。
在宅業務では、患者様の家に訪問するので、薬剤師はご本人やそのご家族との関係を深く築けることを強く感じます。
そして、私はそこに在宅業務のやりがいを感じます。

薬局の中で、調剤をして投薬をすることも大切です。しかし、薬局から一歩外に出て、患者様の所に行くことも、ドクターや看護師やケアマネージャーなどと係われて、薬剤師としての世界が広がります↑

皆さんも、在宅業務に出かけてみませんか!!

⑧【前】採用担当の願い届かず~やっぱり各社ひっぱりダコでした 

店舗運営部の石坂です。
~【前】採用担当のブログ~第8回をお届けします。

今回は「【前】採用担当の願い届かず~やっぱり各社ひっぱりダコでした」と題してお送りします。

会社説明会、面接のコーディネートをしていると、「是非この学生は採用したい」というケースがあります。私が思うばかりでなく、面接官からも絶対に採用!と指示が飛んできます。

内定通知を出してから、入社承諾書提出まで気の抜けない日々が続きます。

七年ほど前面接したある男子学生は、今まで面接した中で一番採用したい(一緒に仕事をしてみたい)と思う方でした。頻繁に連絡を取り、つないできたつもりです。相手の返答も“思わせぶり”な内容でした。ある時、他社を考えていると相談を受けました。どうしても来て欲しい、どうしても欲しい!今思うと恋に似ているような感覚です。人生二度目のラブレターを、この男子学生に出しました(私はソッチの気はありません。念のため)。それも、自宅まで持参して(ストーカーでもありません。念のため)。

見事に散りました。その後も音信不通です。

そのときに思いました。私の採用に対する熱意が不足していたのでは?、アポックの魅力が足らなかったのでは?と。しかしながら、アポックが採用したいと思う学生なら、当然他社さんも欲しいと思うのではないかと考えるようにしました。

採用という仕事は、アポックと学生との結婚のキューピットといったところでしょうか。

 

次回は⑨【前】採用担当の印象に残っている学生前編~礼儀正しさはまず家庭から をお届けします。

笑顔あふれる上福岡西口店を紹介します!

薬局アポック上福岡西口店の石川です。
今回は入社6年目の私が通う上福岡西口店を紹介します。

728-1
まずこちらは、スタッフ間でありがとうの気持ちを伝えるサンクスボードです。ありがとうと褒められるとうれしいです。また伝えるとすがすがしい気持ちになります。

728-2

上福岡西口店は埼玉県ふじみ野市の上福岡駅から徒歩3分。平日は8~21時、土日祝日も9時~18時まで年中無休で開いています。「夜に具合が悪くなったときでも薬をもらえるので助かります。」という声もよく頂き、患者さんの役に立ててよかった。明日もがんばろうと思うことができます。

そして、こちらが店内の写真です。
728-3728-4

キッズスペースから調剤室をのぞきこんでいるお子様も多く、たまに目が合いとっても和みます(*^_^*)

728-5728-6

最後に、上福岡西口店のゆかいな仲間たちです。年間3名の実習生も来ており、頑張っています。個性豊かなメンバーがそろった楽しい薬局ですので、ぜひ上福岡西口店にお越しください。

728-7

薬局アポック上福岡西口店
〒356-0006 埼玉県ふじみ野市霞ヶ丘1-2-27-101
Tel: 049-256-5280 /Fax:049-256-5281

 

 

第4回行田店ちびっこ薬局体験☆

こんにちは!!
元気(だけ?)が取り柄の行田店 丸岡です。

今回は、大分前になりますが10月13日(日曜日)に開催した
第4回行田店ちびっこ薬局体験のお話をさせていただきます。

第4回・・・年1回の開催なので今年で4年目。
もはや伝統です!

この伝統の行事のため応援に駆けつけてくれたメンバーは、
北本店・熊谷宮前店・鴻巣店・伊奈店の北関東オールスター☆

s行田1

そんなことはいいから、体験の内容が聞きたいって?(^_^;)
はい、以下の5つがメインコーナーです!

◎お薬の渡し方や粉薬の薬包紙での折り方を学ぶ
【投薬コーナー】

 s行田2

◎青い軟膏と白い軟膏を計る&混ぜる&容器に詰める
【軟膏コーナー】

s行田3

◎2種類のシロップをこれまた、計る&混ぜる&メスアップする
【水剤コーナー】

行田4 

◎粉薬(粉末ポカリスエット)を計って、分包機でパックする
【分包機コーナー】

行田5 

◎スプーンや半錠用ハサミを使って、錠剤を半分に割る
 【半錠コーナー】

行田6 

どうですか?
大人でも楽しめそうでしょう?
実際、何人かのお母様方は半錠コーナーに参加して下さいました。

そうそう、お帰りの際には
白衣姿の記念写真や認定証などをお渡ししているので
ちびっこもお母様方も大満足です!
\(^o^)/

今年は合計57名のちびっこが参加してくれました。

さあ、興味を持ったそこのあなた
来年の第5回ちびっこ薬局体験でお待ちしております!!

学内会社説明会に参加してきました!

こんにちは!
採用担当の市川です。

 12月6日に日本薬科大学、12月8日に日本大学、12月9日に慶応義塾大学の会社説明会に参加してきました。
日本アポックのブースにお越しいただいた学生さん、ありがとうございました!
連日の会社説明会への参加で少しバテ気味ですが、一所懸命お話させていただきました。
アポックがどんな会社か少しでも伝わって、興味を持ってもらえたなら幸いです。
店舗見学会にも少しずつ参加申込が来ており、うれしく思っています。 

店舗見学会は継続して実施しています。興味のある学生さんは、ぜひお申込ください!

───────────────────────────   
☆会社説明会・店舗見学会のご案内☆
───────────────────────────
■ 日時:1月11日(土)、1月18日(土)、1月25日(土) *これ以降の土曜日にも開催します
 14:00~15:00 会社説明会
 15:00~17:00 店舗見学会(終了時間は個別にご相談ください)
*店舗見学会では先輩薬剤師とお話しする時間をとってありますので、遠慮なく何でも質問してください。
*会社説明会のみ、店舗見学会のみでも参加可能です。

■ 場所:株式会社 日本アポック 本部(埼玉県川越市)

⇒ 参加申込はメールまたはお電話にて! 申込先 採用担当/市川  Email:[email protected] / TEL:049-246-7333

⑦【前】採用担当の本音後編~ご遠慮願った方々

店舗運営部の石坂です。
~【前】採用担当のブログ~第7回をお届けします。

今回は「【前】採用担当の本音後編~ご遠慮願った方々」と題してお送りします。

採用に携わった10年間の役割は、説明会でアポックの特徴を知らせ面接を経て入社、と入社にいたるまでのコーディネーターと考えていました。一時期面接官も担ったこともありますが、学生と接する時間が長いため、公平・公正が期せないと思い、面接官役は他の方にお願いしていました。コーディネーターを務め、私自身が入社の可否を判断しないように心がけていました。

しかしながら私の段階、つまり面接の前段階で入社をご遠慮願った方々がいました。その理由は「一緒に仕事をしてみたい」と思えなかったからです。

Aさん(男性)は、服装と態度が原因です。店舗見学を兼ねた会社説明会へ、長髪でカチューシャをしてきました。ピアスも。それも、連絡もなく遅刻。心配になり電話したら、今向かっています、と。Aさんは面接を希望していましたが、私の段階でお断りしました。

Bさん(男性)は、表情と目線が理由です。Bさんは、お世話になっているある研究室の教授から依頼されて会社説明と店舗見学をお受けしました。お約束の時間に来社しましたが、自己紹介時も私の目を見ません。私も名刺を渡しながら自己紹介するも、目は合いません。一通りの会社説明をしたあと、店舗見学に行きますが、その間も一度も目が合いません。店舗見学を案内した薬局長からは、後刻“あの学生を採用するんですか?”と連絡がありました。やはり目が合わなかったそうです。ですので面接はご遠慮願いました。依頼してきた教授へは、丁重にお断りさせていただきました。

本来、私の段階で判断すべきではないと思っています。しかしながら、先の2人は一緒に仕事をしたいと思わなかったのです。

採用をしていて、印象に残っている“とても極端”な2人を紹介しました。

 

次回は「⑧【前】採用担当の願い届かず~やっぱり各社ひっぱりダコでした」をお届けします。

1年目薬剤師感動体験 ~地域の方とのふれあい~

はじめまして!今年入社した新入社員の斉藤です!

勤務先はちょっと埼玉の西のほうにある、毛呂山町にある毛呂岩井店に勤務させてもらっています。

今日のブログの内容は ~最近感動したこと~ ということで、当薬局で10/27に行われましたアポック祭についてのここまでの経緯を織り交ぜたお話(?)です(^ω^)

まずはじめに開催するという事実を知ったのが店舗に配属されてすぐでした=4月の中旬ですね・・右も左もわからないうえに上も下もわからなくなった感じです。開催自体がうちの店舗では初ということでスタッフ一同なにから手をつけてよいのかわからない状況でした。

とりあえずなにするよ? ということで私たちがやることになったのが 

健康相談 と いわゆる 『キッザニア』

健康相談はそのままの意味ですが、「キッザニア」って なに? というかんじだったので少し説明を・・

キッザニアとは・・・主に4歳~12歳の子供を対象とした職業体験のできるテーマパークのことをいいます。その対価として専用硬貨を受け取り、その硬貨を使って買い物をするなど、実社会と同じような体験を得ることができる施設である

ふむふむ(-ω-)・・つまり働きながら職業体験を経て報酬をもらうという社会の流れを体験するということか・・

それの薬剤師バージョンというわけですね。これは面白そうですね!

私たちが選択した体験ゾーンは4つ・・
①  ぶんぽうきコーナー
②  ぬりぐすりコーナー
③  シロップコーナー
④  ちょうざいコーナー

この4つを行うことにし、錠剤はラムネ、マーブルチョコ使用し、粉は乳糖。シロップはかき氷シロップ。ぬりぐすりはアズノール軟膏とプロペト。ということでけってー!

 

健康相談 については 肺チェッカー、血圧測定、緑内障チェック、体組成計などを用意し各ゾーンごと、それに見合ったパンフレットを配置するということで準備に取りかかり始めました。

1
こいつめちゃめちゃ重たかったです・・ ・・受付まで引っ張り出してやりました。とにもかくにも ぶんぽうきコーナー 完成!

お次は
2
シロップとぬりぐすりコーナーですねー。

 いつもの待合室の雰囲気とは全く違ってきてスタッフのテンションも上がってきました。

うちの薬局長もこの表情です。
3

そしてこちらが健康相談の一角
4

そして当日を迎えたわけですが、5~12歳の子達が計17人もきてくれました!!
ぬりぐすりに悪戦苦闘している子 
ぶんぽうきの動きを見て感動している子 
ぶんぽうきの値段を聞いて驚愕しているママさん達・・・ 

いろんな人と薬剤師という職を通して、いつもとは違う形で触れ合えることができました。

17人の子達も大半が薬剤師という職に興味がわいた、なってみたい!などの感想を多くいただき、お母さん勢からは 

「粉薬などがこんな風に作られているんですね。これなら時間がかかるはずです・・時間がかかる理由がわかって良かったです。」

など、予想もしなかった感想をいただくこともできました。

薬剤師として働きだして半年ほど経ちますが、いつもと違った形で、地域の方と薬剤師として触れあえたことがとても貴重な体験だと心の底から思いました! 

開催に関しては初回でしたが、大成功だったと自分は思っています。

来年も第2回アポック祭 開催できればとおもっています(^-^)

日本薬局学会学術総会へ行ってきました♪

 はじめまして。 南越谷店に勤務している“こま”です。

去る11/23・24の2日間にわたって大阪国際会議場で開催された学術総会へ参加させて頂きました。今回はその様子についてご案内したいと思います。

大阪国際会議場はリーガロイヤルホテルに隣接した、地下3階から地上13階まである施設です。その内、3階、10階、12階を利用して大々的に行われました。たくさんの企業、薬局関係者、さらに薬学生までも参加されており、会場内は活気に満ち溢れていました。

1日目は、2日目に発表するポスターの準備を行った後、食事をしながら講義を受けられるランチョンセミナーとデザートセミナーのチケットをとりました。

無料チケットということもあり、すでに完売してしまったセミナーもありました。セミナーが始まるまでの合間、たくさんの企業がイチオシ商品等を出店しておりましたので、それをみて回りました。その中で、私の目を引いたものをいくつか紹介したいと思います。

まず、少し前に新聞にも掲載された『日本保険薬局協会の電子お薬手帳について』です。

保険証くらいのサイズのカードにQRコードがついており、QRコードリーダーで読み取ることで服用薬のデータをPCでみることができるというものです。処方薬だけでなく、OTCも確認することができます。災害時、処方歴の確認のために便利なツールです。ただし、現在は手帳算定としては認められておらず、取り扱っている薬局では従来の手帳シールと併用されているようです。

続いて、最新機械を使った模擬調剤室も大変興味深かったです。

最新の全自動分包機は、錠剤をセットするだけで半錠にしたい薬を割ってくれる機能が追加されており、用法ラインも設定した色で印字してくれます。

 『自動調剤棚』は処方内容をデータ化したバーコードを読み込み、機械のボタンを押すだけで薬品の払出しを行います。棚内部のベルトコンベアーで1種類ずつ運ばれてくるので、動き回ることなくピッキングを行えます。

今後は薬剤師が必要なくなる時代がくるかもしれません。

2日目は当社で取り組んでいるオスキープロジェクト委員会のポスター発表を行いました。

s研修会写真1

s研修会写真2s研修会写真3

ここで、内容を簡単に説明したいと思います。

現在使用しているマニュアル・規定集をもとに、現場に則したアポック版オスキー専用プログラムを作成しました。ポスター発表では入社後6ヶ月から1年以内の中途の方を対象に行った評価を集計しました。予め事前学習を行い、マニュアルの内容を把握してもらった後に1回目の評価を行い、さらに1ヶ月の期間をあけて2回目を行いました。評価項目は項目評価・時間評価・概略評価とし、5段階評価を行いました。ポスターだけではお伝えしにくい内容は項目別(教育プログラム、評価表、フィードバック表、アンケート等)にまとめたファイルを用意して臨みました。

実際にお話を聞いて頂いた方の中に、“こういった教育マニュアルがあるといいね”とうれしいコメントを頂きました。

2日間にわたり、大変貴重な体験をさせて頂きました。学会で得た情報を少しでも皆さまに伝達し共有できたらと思います。また、ご協力頂いた各店舗の皆さま、お忙しい時間を割いて頂きまして本当にありがとうございました。

 

最後に余談ではありますが、参加したメンバーと大阪駅界隈を散策したり、名物のお好み焼き、串かつ、たこ焼きを食べ歩き、お腹も大満足の旅となりました。

s研修会写真4  s研修会写真6

s研修会写真7  s研修会写真5