けやき薬局 千住店 紹介します!

 こんにちは。今回は、入社10ヶ月目の松井がけやき薬局千住店の店舗紹介をします。

 けやき薬局は、ターミナル駅でもある北千住駅近くの商店街の中にあり、とても人通りが多い場所にあります。また日本アポックの第1号店でもあります。老舗です。

701-1701-2

 千住店は、下町の老舗かと思いきや、スタッフはとてもフレッシュです。H25年9月現在、薬剤師9名、医療事務5名が勤務していますが、そのうち半数近くの6名が入社して2年も経っていません。とにかく、若いです!勢いがあります!(入社一年目の私の年齢はアラサーですが)

 「若いです!勢いがあります!」と言ったのには、理由があります。私は、前職では有機化学を専門とした実験漬けの日々を過ごしていました。毎日の相手が、フラスコから患者さまに変わりました。大きな変化です。入社して、最初の数ヶ月は本当に右も左も何もわからず、苦労の連続でした。国家試験を受けてから7年です。当然ですね。でもそれ以上に、何もわかっていない私にいろいろと丁寧に教えて育てて下さった同僚の方々には、頭の下がる思いです。本当に感謝しています。

 そして、私と多少立場は違っても、入社2年未満の同僚は、みんな似たような思いを抱いているのではないかと思います。新しい環境で、学ぶことも多く、失敗して悔しい思いをすることもあると思います。でも、その分、みんな充実感や自身の成長、変化というものを大きく感じているのではないかと思います。本当に一ヶ月の変化が大きいです。最初に「半数近くが若手」と書きました。毎月、充実感を持って成長する従業員が半数近くいます。すると、私は千住店自体が毎月変化している組織だと感じています。働いていて、千住店が毎月、先月とは違う景色になっている。そんな変化を実感しながら、働く日々は大変ではありますが、同時に充実感もとても感じることができる職場だと思います。

 千住店をプロ野球の球団っぽく例えると、若手とベテランが良い相乗効果を生み出している勢いのある(球団ではなく)店舗だと思っています。

 スタッフ紹介を主に書きましたが、千住店は商店街に立地しているため、周りに多くの病院があり、様々な科の処方せんが来るので、扱う薬も多種で非常に勉強になります。そして、とても多くの患者さまにご利用して頂いています。常連さんもたくさんいます。中には、病院名や科名はいっぱいあっても、手帳シールはけやき薬局だけという当薬局をとても大事にして下さる患者さまもいます。

これからも、地域に愛される薬局であり続けるために日々精進していきたいと思います。

701-3

けやき薬局千住店
〒120-0034  東京都足立区千住2-37ロイヤルハイツ白根1F
Tel: 03-5244-7831、Fax: 03-5244-7833
e-mail: [email protected]
営業時間 月~金 9:00-20:00、土 9:00-18:00

薬局長ゼミを開催しました

こんにちは、人材開発部の村田です。

9月19日(木)に薬局長の研修がアポック本部で行われましたので、その様子をご報告いたします。講義のほかに課題図書について、研究発表抄録の発表もありましたので、ハードな1日となったと思います。薬局長のみなさん、お疲れ様でした!

当日私は、ロジカルシンキング(論理的思考)の講義を担当しました。ロジカルシンキングというと、難しい理論をこねくり回して相手を論破するための思考のようなイメージをもたれる場合がありますが、実際は難しいものを単純にし、誰が見てもわかりやすくして、相手に納得してもらうための思考方法です。ロジカルシンキングの講義は初めてだったため、うまく講義できるか非常に不安でしたが、演習も含め何とか時間内に終了することができました。もっと準備をしっかりしなければと反省しています。自分自身、演習をやってみましたが、多くのの情報の中から要点をまとめて、要領よく内容を相手に伝えるとういことは、やってみると結構難しいことだと思いました。

当日は、講義のほかに各店での研究発表についての途中経過について発表して頂きました。研究テーマは各店で話し合い、研究デザインを完成させ研究を開始します。この発表は、11月17日(日)に行われる全社研修で発表する予定です。特に興味深い研究テーマについては、来年の学会で発表してもらいたいと考えております。今回の研修でブラッシュアップされて、きっと良い発表になるのではないかと楽しみにしています。11月の研修会のご報告は、またこのブログにアップしますので、皆さんも楽しみにしてください。

ゼミ1ゼミ2

未来ある新入社員 みんなで育てよう ~その3~

新卒育成チームのもう1つの企画が、新入社員・若手社員の親睦会です。

先に述べた他店舗研修にいきなり行くのは、新入社員の心のハードルが少し高いので、まずは飲み会という場でお酒の力も借りつつ、研修先の店舗のお兄さん、お姉さん社員と仲良くなってから研修に臨んでもらえればと思い計画しました。

こちらは去る9月4日に、新入社員の本部での研修の後に第一回目を開催しました。
新入社員10名が全員参加してくれたのに加え、各店で新入社員の教育を担当しているスタッフと2年目社員も総勢15名参加してくれました。

当日はあいにく東武東上線の運転見合わせというトラブルもありましたが、若手社員の多くが店舗での業務終了後に他の路線で遠回りをしたり、運転再開になるのを待ったりしながら大変な思いをして会場の川越まで駆けつけてくれました。

当初、いきなり知らない先輩たちと交流させるのは新入社員が緊張してしまうのではないか?と心配しましたが、2年目社員と新入社員は以前に一度合同で飲み会をしていることもあり、みんな積極的に交流していて、最初の心配は私たちの取り越し苦労に終わりました。
座席も年代・店舗問わずに入り交じり、2時間があっという間でした。
終了後は有志のメンバー多数で二次会にも行ったそうです。

親睦会については他店舗研修が終わった後にまた開催したいと思っています。
きっと今よりももっと交流が深まっているはずなので、さらに盛り上がるのではないかと期待しています。
出来ることなら、そこから個人的な交流や飲み会などにどんどん広がっていくのが理想です。

以上が私たちチームの活動です。
店舗の業務以外にこういった計画をしたり、本部の方に掛け合ったり、話し合いをしたりと大変なことも多いですが、自分で考えて行動するのでやりがいもかなりあります。

これからもチーム一丸となって、計画を進めて行きたいと思っています!!

親睦会

未来ある新入社員 みんなで育てよう ~その2~

今回は私たち新卒育成チームの活動についてお話したいと思います。

まだ立ち上がって1年目のプロジェクトなので、現在進行している計画は主に2つです。
1つ目は、新入社員の他店舗研修制度です。
これは、新入社員同士を交換して自店とは違う店舗で研修をしてもらうというものです。

元々この計画を思いついたきっかけについてお話します。
新入社員は経験が浅いため、自店での業務に行き詰まってしまうことや、人間関係に悩む事も多いと思います。社内での人間関係もまだ狭いため、解決策や相談出来る先輩なども見つからないまませっかく入社したアポックを退職してしまったらしい…なんて噂もあったりして、とても残念に思っていました。
アポックは店舗によって雰囲気が異なり、それぞれが魅力あふれる個性を持っています。新入社員には自店での経験による不安・不満だけがアポックの全てだと思い込んで欲しくないと思います。

私が新入社員だった頃は、薬局長同士が企画してくれた交換研修や、近隣の店舗との飲み会、若手社員のヘルプの行き来も盛んで、医大エリアの先輩たちが企画してくれたイベント(マイクロバスを借り切って富士急ハイランドへ遊びに行ったり、グランドゴルフ、ボーリング、市民体育館でバレーボールをしたり…などなど)もあり、横や斜めの繋がりが結構ありました。

店舗でつらいこと、大変なことがあっても年齢の近い他の店舗の先輩に相談したり、他の店舗でもいろいろ大変なことはあると聞いて自分も頑張らなくては!!と思ったりしました。

それに、自分の店舗の先輩はもちろん身近な目標となりますが、それ以外にも社内のいろいろな薬剤師、また事務さんの話を聞く機会となり、視野が広がるきっかけにもなりました。

現在の新卒育成制度では、新入社員側が一人で悩みを抱え込んでしまうだけではなく、配属店舗の教育担当者やスタッフだけが新入社員教育の問題点を抱えている状態もあり、新入社員がいない店舗との温度差もあると感じています。

せっかくアットホームな社風なので、会社全体で新入社員を育てる雰囲気に変えて行きたいと思い、今回の計画を立てました。

他店舗研修の実施時期は、新入社員がちょうど独り立ちをした9月~10月です。
第一弾は9月18日~2週間、2店舗間で実施予定です。
ちょうど、私の所属する川越店の新人さんと川越的場店の新人さんが交換で研修をすることになっています。

第二弾は10月15日~2週間、今度は少し規模を大きくして4店舗間での実施予定です。
新入社員の子達は、今の知識やスキルでは相手先の店舗に迷惑が掛かるのではないか?自分の知らない処方内容にどう対応すれば良いか?などなど不安が多いと思います。

しかし、この他店舗研修では研修先の店舗で新しい知識を付けたり、今の店舗と違う業務をすることに重きを置いていません。店舗によって新入社員にスキルの差があるのは当然です。新入社員のみんなは今自分が出来ることを一生懸命にやる、それを受け入れ先の店舗のスタッフの方々には暖かく迎えてもらえるようにお願いをしています。

どんな店舗に研修に行くのであれ、この時期に現状と環境を変えること自体が新入社員の視野を広げるきっかけや、研修終了後に今まで気付かなかった自店の良さを再発見する機会になることを願っています。そして社内での人間関係の輪を広げてほしいです。

川越店の新人さんも、2週間後には一回りも二回りも大きくなって帰ってくることを期待しています☆

もう1つの計画については、またまた次回へと持ち越しです。

未来ある新入社員 みんなで育てよう ~その1~

みなさんこんにちは、川越店の寺田です。
私は新卒でアポックに入社して今年で7年目になります。
現場の薬剤師ですが、今年の1月から採用のグッドサイクルプロジェクトという委員会活動に参加しています。

通常の企業では、新入社員や中途社員の採用というと、本部の方や役員の方が担当しており実際にはどういったプロセスで学生へのアプローチや採用が行われているか、現場のスタッフにはわからないことが多いと思います。
当社でもかつてはそのような状況だったため、現場で求める人材とのアンマッチや人手不足に対して本部への不満が募っている状況でした。


そこで本部の人材開発部の方々、現場の薬局長・中堅・若手社員を集めて立ち上がったのが私の所属するプロジェクトです。
その後、全体研修会で有志の方々の参加を募り、1年目、2年目の社員から中堅社員、パートさん、薬局長など業務形態・店舗・年代を問わず様々なメンバーが集まって活動をしています。
元々現場の意見が通りやすい社風だとは思っていましたが、こういった人材の採用活動にも現場の若手スタッフの意見が通るというのは画期的な試みだと思います。

チームは4つに分かれており、そのうち社外の学生へのアプローチをする3チームとして、学生実習の充実を図るチーム、学生向けのイベントを企画するチーム、このブログを立ち上げ管理しているチームがあります。
そして4つ目のチームが、私が所属している、入社後の新入社員の育成を担当するチームです。

会社に入れるだけ入れて釣った魚に餌をやらない…のではなく、入社後も研修やメンタル面でフォローをしていき、アポックに入って良かった、この会社でずっと働きたい!!と思ってもらえるような育成を目指しています。

次回は私たち新卒育成チームの取り組みについて紹介したいと思います。

新人研修に参加して・・・

それでは、9月新人研修参加者の感想を紹介します!

<川越1号店 Hさん>
大学時代にもAEDを使った研修はありましたが、社会人になって再確認の意味も込めて、もう一度AEDの研修を受けることができて良かったです。ペースメーカーを入れている人や妊婦さんが倒れていたらどうするか、など具体的な場面を想定しての実践だったのでとても有意義でした。 服薬コンプライアンスを上げる工夫の講義では、疑似体験を通して、それぞれの患者様に合った工夫としてどんなものが考えられるかを考える機会をいただけたので、実際の投薬時にも活かしていきたいです。

<荏子田店 Mさん>
今回の新人研修の内容は薬歴、在庫、クレーム対応など現場に役立つ内容でとても勉強になりました。 特にメーカーの方が実際に講義をして下さるのは服薬指導に役立つので助かります。さっそく学んだことを指導に応用して患者様も良く理解していただいて患者様の笑顔を見ることが出来ました。是非メーカーの勉強会は毎回やって頂きたいと思います。

<日高2号 Tさん>
5ヶ月が経ち、徐々に仕事の流れが見え始め、服薬指導や医療人としての態度だけではなく調剤加算や在庫管理にも目がいくようになりました。9月の1年目研修では藥を扱うに当たって患者さんの安全と薬局の円滑な業務のために調剤加算の条件や今までの指摘事項も学ぶことができ、また、在庫管理の考え方や発注方法と発注のマニュアルも学ぶことができ、とても勉強になりました。勤務店舗を問わず交流を図るための席も設けてもらい、人として優しくまた明日から頑張ろうという気持ちになれました。アポックは人が温かい会社だと思います。

新人という立場もあと数ヶ月、一人前になる日も近いですね。
この先、良いこと悪いこと、楽しいこと辛いこと、色々なことがあると思いますが、若いパワーでぜひ乗り越えて欲しいと思います。頑張れ、社会人1年生!!

9月新人研修を行ないました!

 人材開発部の村田です。

 9月4日水曜日、アポック川越本部にて新人薬剤師10名、中間採用の薬剤師1名の合計11名が参加して、新人研修が行われました。新入社員1年目には、4月に10日間、そして6月、9月、3月にそれぞれ1日の集合研修を行なっています。今回は入社後3回目の集合研修となり、半年経過しているということもあって、4月のときよりもずっと自信に満ちた表情で真剣に取り組んでいました。

この研修では、次のような内容の研修を行ないました。
・在庫管理の基礎
・薬学的管理業務
・服薬コンプライアンスを上げる工夫
・クレーム対応
・外用薬の使い方
・AEDの使い方

IMG_7516IMG_7538

次回は参加者の感想をお届けします!

薬局アポック川越店を紹介します! その2

そして、やっと店舗紹介。

713-1713-2

川越店はアポックの中では、とても忙しい店舗です。
処方枚数も内容もなかなかのものです。
特徴としては、透析を受けていること、ピッキング担当やオペレーション担当がいること、
全自動分包機・軟膏混ぜ機などが導入されています。
オペレーション担当は、ピッキングの手伝いをしながらスタッフの昼休憩を回し、順番が遅れている方への対応や処方されている薬がない時の対応などをしたり、他のスタッフに回したりし、状況を常に把握しています。 
全自動分包機は、1包化をしてくれる機械ですが、薬の内容によってはキーボードを3回押すだけで完成することも・・指も痛くないし、時間短縮もできるので幸せです。
軟膏混ぜ機は、時間短縮としては微々たるものかもしれませんが、できあがりはうっとりするくらい綺麗です。

713-3

スタッフ全員で過誤撲滅・待ち時間の短縮に取り組んでいます。
なので、店の雰囲気はとてもよく(私が思っているだけ??)、
忙しい時はテキパキ動き、患者様がいない時は、手は動かしていますが、
くだけない程度のコミニュケーションをとり、小さな笑い声も聞こえています。
オンとオフをしっかりつけて働いてます!!

 このような店舗ですが、他店舗に行っても目指すところは同じです。
こういった会社・店舗に興味をもった学生さんがいましたら、是非、ご連絡を!!
本部となると、気がひけるのであれば、店舗に直接でもかまいません。 
連絡お待ちしております。

71-4

薬局アポック川越店
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町25-18脇田本町ビル1F(赤心堂病院の隣)
TEL 049-291-3810/FAX 049-291-3811
営業時間 9:00~18:00 

薬局アポック川越店を紹介します!

こんにちは、川越店の井上です。

今回は、川越店の店舗紹介をします。


でも、その前に・・・
な、なんと私は入社してアポック歴10年目になってしまいました!!
転職の多い職種、3~5年は頑張ろうと思いましたが、10年目になるとは・・・。
川越店に配属する前に、2店舗経験し、色んな店舗にヘルプで行きました。
店舗によって、扱っている薬・雰囲気も違うので、刺激になり、勉強にもなります。 


そして、同期!!!今でも定期的に飲み会など、遊びに行ったりしています。
10年目にして、TDLに行ったり、
流しそうめんがしたい!!で北鎌倉まで行ったり(関東では調布・秩父・北鎌倉だけ)。
くだらないことでも、いいね~っと一緒に遊んでいる素敵な同期に感謝している日々です。 

店舗のスタッフとも、遊びにでかけます。
個々それぞれで、ご飯や飲んで帰ったり、ライブ・スポーツ観戦を楽しんだり、
はにわ作りがはやったり(行田です)、新築のお宅訪問にでかけたりと・・・・。

・・・店舗紹介でしたね、

            ・・・つづく。

 

薬剤師5年目研修を行ないました

人材開発部の市川です。
先日、8月25日の日曜日に、薬剤師の階層別研修の1つである5年目研修を行ないました。今年度は15名が参加しました。5年目ともなると、店舗で中核を担う存在です。研修では、「薬物間相互作用」といった薬学的知識をはじめ、「自店の強み・弱み分析」や「クレーム対応」、「経営数値の見方」などマネジメントに関する研修も行ないました。入社して5年目の薬剤師とあって、活発なディスカッションやプレゼンテーションが行なわれていました。

5研修15研修2

5年目研修の受講者に感想を聞いてみましたのでご紹介します。

☆北本店 I さん
研修では日常の調剤業務ではわからなかった、「気付き」があり勉強になりました。5年目研修では多くの刺激を受けることができました。患者様の利益を最優先に対応し、信頼される薬剤師、薬局となれるよう改めて強く思いました。

☆銀座柳通り店 I さん
知らないことが多く、学ぶことがまだまだあるなと感じ、
視野がぐ~んと広くなりましたo(^o^)o
それから、なんと同期のTさん(管理部所属です)が講師をしてくれて、
うれしい気持ちになりました♪ 
実りのある1日をありがとうございました☆

☆川越店 S さん
毎年受けてきた階層研修も5年目になりました。
社長の挨拶からスタートした研修は、まず自店分析のディスカッションからポスター発表まで。入社1年目の時は緊張しながら受けていた事も、今ではスムーズな発表・たくさんの意見が飛び交うように。クレーム対応の講義では実践に近いロールプレイを行いました。
昔から知っている同期もいざ患者様役になると、恐ろしいくらいの役者に変身。
この研修は受ける側と教える側の距離がとても近く、皆真剣そのものだけれども笑顔が絶えない。そこに魅力を感じます。
もちろん、研修後は同期と楽しく飲みに行きました~!!