第11回日本在宅薬学会学術大会へ参加してきました

こんにちは。川越中央店の稲積と申します。

7/15・16に大阪で行われた
第11回日本在宅薬学会学術大会へ参加してきましたので、
その内容をお伝えしたいと思います。

今回は特に発表はなく参加のみでしたが、
顔ぶれは様々で店舗や本部勤務のメンバー、計7名で行って参りました。

 

学会としては比較的コンパクトでアットホームな印象でした。

薬剤師が地域医療の現場で力を発揮していくための必要なスキルや
多職種との連携の重要性等すでに周知されていることではありますが、
超高齢化を目前に薬剤師の資質が問われていることや
薬剤師の地位を上げていくためにも今が踏ん張りどころであると
今回の学会を通してあらためて実感しました。

今回アポックからの発表はなかったですが、
参加することで他の薬局やメーカーでの取組みを知る事で新たな発見もあり、
良い刺激になりました。

夜はみんなで美味しいお好み焼きや鉄板焼きなどいただいてきました☆

暑い暑い大阪でしたが、実りある2日間となりました。