「第11回日本薬局学会学術総会」に参加しました!

こんにちは、人材開発部の市川です。

11月25日(土)・26日(日)に大宮ソニックシティで開催されました

「第11回日本薬局学会学術総会」に参加してきましたので、

今回はその様子をご紹介いたします。

 

アポックからは5演題の発表を行いました。


口頭発表は2演題


○千住店 鳥井さん
「保険薬局における高齢者施設のポリファーマシーの改善」


○南越谷店 津浦さん
「検査値記載処方せんに対する薬学的アプローチ ~腎機能低下時に注意が必要な薬剤への取り組み~」

 


ポスター発表は3演題


○三芳店 清水さん
「かかりつけ薬剤師に求められるもの ~患者意識調査から~」


○鶴ヶ島池ノ台店 荒木さん
「後発医薬品のさらなる使用促進への試み ~先発医薬品へ再変更した患者調査の要因分析~」


○毛呂岩井店 加島さん
「ポリファーマシーに対する副作用重複評価ツールの有用性 ~抗精神病薬における副作用の頻度と副作用重複評価ツールの相関性~」


発表までには色々大変だったと思いますが、貴重な体験だったと思います。

今後も引き続き学会発表にチャレンジしていきます!