「第42回株式会社日本アポック研究発表会」を開催しました

こんにちは、人材開発部の市川です。

先日、11月23日(土・祝)にベルサール汐留にて
「第42回株式会社日本アポック研究発表会」を開催いたしました。

この「研究発表会」は、年1回開催している全員参加型の全体研修会です。
今年は451名の社員が参加しました。

これだけの人数が一度に集まるのは貴重な機会です。
あちこちで再会を喜ぶ声が聞こえてきました。

「研究発表会」という名前の通り、この会では各店の研究発表が行なわれます。
今回は、25演題のポスター発表と、2演題の口頭発表が行われました。

また、参加した医療事務全員で
「選ばれるかかりつけ薬局になるために医療事務ができること」というテーマで
ワークショップを行ないました。
ほとんどが初対面のメンバーでしたが、活発に意見が交わされていました。

そして、株式会社ハイデイ日高の代表取締役会長 神田正 様による特別講演が行なわれました。
いかにして「日高屋」が成長していったのか、ご自身の体験をたっぷり話してくださいました。
神田会長、ありがとうございました。

最後は懇親会です。
皆、いい笑顔で終了しました。

また来年お会いしましょう♪

第13回日本薬局学会学術総会(神戸)に参加してきました!

人材開発部の市川です。

先日の土日(10/19・20)に、神戸で開催された「第13回日本薬局学会学術総会」に参加してきました。

今回は社長を含め、総勢10名での参加です。

そして今回は、日高2号店医療事務の島田さんによるポスター発表がありました。

演題は「高額療養費制度の認知度調査」です。

ポスターセッションでは足を止めて見てくださる方や色々と質問される方ににこやかに対応していました。


今回の学会に参加して感じたことは、とにかく今のままでは薬局はダメになる・・・!という危機感でした。

薬剤師一人ひとりが真剣に薬局、薬剤師の役割と向き合う必要があるのではないでしょうか。

また、薬剤師でないスタッフ(医療事務やアシスタント、栄養士 などなど)への期待も大きいと感じました。

アポック一丸となって頑張っていきます!

・・・神戸牛、とっても美味しかったです♪

「女性のための公開健康講座」を開催しました in 川越

こんにちは。

ようやくすこし秋の風が感じられるようになりましたね。

川越中央店の稲積です。

今回は、8/25ウエスタ川越で「女性のための公開健康講座」を開催しましたのでその時の様子をお知らせしたいと思います。

大塚製薬さんとの共催で講演は2演目。私が前半30分を担当し、メインは後半の埼玉医科大学病院岡垣教授による1時間半というラインナップでした。

私は『健康食品と医薬品について』お話をさせていただきました。

女性のための~という名前もついていることから更年期の時期におすすめのサプリメントや年齢とともに訪れる加齢現象にどう立ち向かいどういった健康食品がおすすめか、そして薬との相性なども併せてお話しました。

当日は70名ほどお客様がお越しくださり、女性だけでなく男性のかたもちらほらご参加いただいた印象です。

岡垣先生によるメイン講演『ホルモンから考える女性のヘルスケア』は笑いもあり分かりやすく面白い内容で、あっと言う間の時間でした。

講演がすべて終了した後は簡易的に老化度チェックが出来るセンサーも会場内に設置しましたので、ご希望の皆さまに測定していただきました。

AGEs測定センサーと言われるもので、体内のAGEsを計りどのくらい老化物質があるか測定します。

AGEsとは食事などで過剰に摂取した『糖』と人間の身体を主に構成している『タンパク質』が結びつくことで体内に生成される老化物質のひとつ、最終糖化産物と呼ばれており、加齢によっても生成され、誰の身体の中にも存在するものです。

耳にされたこともあると思いますが、いわゆる「糖化」といわれる現象です。

なお、この物質は、肌や骨や血管の強さを保つ働きを邪魔してしまうと言われており、とくに認知症のかたに蓄積が多いという研究結果も出ています。

AGEsの蓄積を増やさせないためには『適度な運動』や『バランスの良い食生活といった生活習慣の改善』や『ケアに適したサプリメントや食品などの摂取』により減らすことが可能です。

数値は2~3ヵ月で変化しますので、ご自身の意識の変化で改善も大いに可能です。

このセンサーは、川越中央店に通常設置しておりますので、ご興味あるかた・・ぜひお気軽に店舗にお越しくださいませ。

アポック薬剤師研修のご紹介  ~『症例検討会』の実施~

こんにちは、人材開発部の市川です。

今回は、当社の研修の様子をご紹介いたします。

当社では1年目から5年目まで、階層別研修を行っています。

7月には4年目研修、8月には5年目研修を実施しました。

この4・5年目研修では、『処方検討会』を取り入れています。

4年目研修では「認知症」、5年目研修では「緩和ケア」をテーマに、

1時間半の講義の後、グループになって症例を用いて処方検討を行いました。

処方内容や患者背景から、処方意図を解析し、医師への疑義照会や患者様への服薬指導などを検討し、発表しました。

同じ薬剤師年数であっても、所属店舗の処方内容によって、その経験値は異なります。

グループで処方検討を行うことで大きな刺激があったようです。

今後も引き続き、様々なテーマで実施していきたいと思います!

荏子田ファーマシーで健康測定会&お仕事体験会開催しました!

こんにちは!

荏子田ファーマシー店の飯田です。

今年も7月15日に毎年恒例の健康測定会&お仕事体験会を開催しました。

お天気には恵まれませんでしたが、総勢17名の年長さんから小学生の子供たちが薬剤師の仕事にチャレンジしました!

今回お店で用意したのはお薬を一回分ずつまとめる一包化、シロップを混ぜる水剤、軟膏を混ぜる外用調剤の三種類。特に実際に店舗で使っているお薬を分包する機械を使っての一包化には子供たちも興味津々!

全てのプログラムが終了した方には認定証をプレゼント!みなさん「楽しかった!」「またやりたい」と言って下さいました。

測定会の方は、ストレスチェック、脳年齢測定、体組成測定、肺チェッカー、スキンチェッカーを用意。ハンドマッサージブースも作りました。

意外にも子供たちの反応がよく、ピチピチのお肌も測定し結果に一喜一憂していました。

来年も7月の海の日の午後に開催予定ですので興味のある方は時期になったら荏子田ファーマシーをのぞいてみて下さい。きっと開催のお知らせが貼ってあるはずです。

病院主催の市民公開講座に参加してきました! 新狭山店

こんにちは。

けやき薬局新狭山店の白石です。

近年の医療では病気の「治療」だけでなく、(医療費削減のためにも)高齢者のフレイルやサルコペニアを防ぐ取り組みを行うなど、健康寿命を延ばすための「予防」に重点を置く傾向にあるようです。

そんな中、令和元年5月19日(日)に埼玉県狭山市の下奥富にある至聖病院が地域住民を対象とした市民公開講座「しせい予防医学フォーラム」を開催しました。

そのフォーラムは2時間おこなわれ、3名の医師からそれぞれ「禁煙外来のご紹介」「健康診断・予防医療の重要性」「骨粗しょう症の予防と治療」という演題で講演があり、私自身とても勉強になりました。

その医師の方々に混ざって、私も演者として参加させていただき「お薬講座」という演題で20分ほど講演をさせていただいました。

市民の方々だけでなく、医師もいる場での講演はとても緊張しました。(^^ゞ

ですが、地域住民の方々へ薬や健康についての情報を発信する場をいただけたことは、薬剤師として、とてもうれしく思い、やりがいも感じました。

話しは変わりますが、けやき薬局新狭山店では自店舗で年に2回の健康相談会を開催しています。

今年度は7月3日(水)と12月4日(水)で、どちらも14時~16時を予定しています。血管年齢や骨量等の測定と、その結果をもとに健康相談を行っています。毎回20~30名の地域住民の方々にご参加いただき、好評を頂いています。

今後も、健康サポート薬局としての責務を果たすべく、処方せんを持たなくても来局してもらえる薬局を目指して取り組んでいきたいと思います。

薬局アポック三芳店より5月健康相談日のお知らせ

薬局アポック三芳店の薬剤師 小川です。

新元号に変わり、気持ちも新たに薬局業務に励んでいます。5月より、薬局アポック三芳店は健康サポート薬局となりました。健康サポート薬局とは、処方せんによる調剤の他にも、市販の薬や健康食品、介護用品の相談、地域の皆様に役に立つ情報発信など取り組む薬局です。地域の皆様に、より身近に感じてもらえるように、職員一同がんばります!

さて、薬局アポック三芳店では、地域の皆様の健康を支えるために、積極的な情報発信を行います。毎月、第4土曜日の午後2時~3時は特に健康相談ができる時間帯とし、処方せんがなくても、お気軽に薬局に立ち寄れるよう体制を整えております。

お客様の健康増進のため健康相談のほか、ご希望に応じて体組成計、血圧計などを使用した健康アドバイスもやっていきたいと思います。認知症チェックができる簡易型アンケートなども始めました。

もちろん、無料で参加できます。 ご興味のある方は、お誘いあわせの上、ぜひ薬局アポック三芳店にお立ち寄りください。
5月25日(土)14時~15時が健康相談日になります。

薬局アポック三芳店
〒354-0044 入間郡三芳町北永井893-9
電話)049-274-6150 FAX)049-274-6155
平日(月曜~金曜):9時~18時
土曜日  :9時~14時(第4土曜日は9時~15時)
日曜・祭日:休業日

地図:https://www.kusurinomadoguchi.com/saitama/s60760/map

薬局アポック三芳店より健康相談日のお知らせ

アポック三芳店の薬剤師 小川です。

 

花粉症のシーズンですね。

鼻水や目の痒みで悩むのは薬剤師も同じです。

花粉症の薬は、相性というものがあって、これは効くけどこちらはイマイチ・・、

患者様個人ごとに薬への印象が違うものなんだなあ、

と感じながらお仕事しています。

もうしばらく、私も花粉症の薬飲みながらがんばります。

 

さて、薬局アポック三芳店では、地域の皆様の健康を支えるために、

積極的な情報発信を行っています。

毎月、第4土曜日の午後2時~3時は特に健康相談ができる時間帯とし、

処方せんがなくても、お気軽に薬局に立ち寄れるよう体制を整えております。

お客様の健康増進のため健康相談のほか、

ご希望に応じて体組成計、血圧計などを使用した

健康アドバイスもやっていきたいと思います。

 

もちろん、無料で参加できます。

ご興味のある方は、お誘いあわせの上、

ぜひ薬局アポック三芳店にお立ち寄りください。

4月27日(土)14時~15時が健康相談日になります。

 

薬局アポック三芳店 
〒354-0044 入間郡三芳町北永井893-9
電話)049-274-6150 FAX)049-274-6155
平日(月曜~金曜):9時~18時
土曜日  :9時~14時(第4土曜日は9時~15時 )
日曜・祝日:休業日

地図:https://www.kusurinomadoguchi.com/saitama/s60760/map

『第41回株式会社日本アポック研究発表会』を開催しました

こんにちは!

三芳・上福岡エリアの担当マネジャー小川です。

11月18日(日)、ベルサール汐留にて『第41回株式会社日本アポック研究発表会』が開催されました。

今回は参加人数400人以上と大規模の研修会となりました。

内容は、各店の日ごろの取り組みをまとめた「ポスター発表」や

ワールドカフェ形式の「アポック・カフェ」、

店舗の口頭発表の「ナレッジマネジメント大会」など、

例年とはひと味違う参加型のプログラムで進められました。

 

メインテーマは「気づきから築きへ~想いを一つに、新しい一歩を踏みだそう~」です。

特にワールドカフェ形式の「アポック・カフェ」は今回のメインテーマの核となる研修プログラムです。

ワールドカフェとは、カフェのようなリラックスした空間の中で話しあいをして新たな発見や気づきを得るための手法です。

今回は“星座”をイメージした話し合いの空間が演出されました。

各テーブルには、お菓子やお茶と実行委員からの星占い付きメッセージが設置されたり、流星の動画を流したり、ささやかな遊び心で参加者をもてなしました。

話し合いのテーマは「地域に求められる薬局とは?」でした。

日本アポックが目指す「地域のかかりつけ薬局」「地域の健康ステーション」になるためのヒントを参加者全員で探求できたと思います。

何より、たくさんの笑顔が会場に溢れていたことがとても印象的でした。

 

研修後は、懇親会。

美味しいお酒と料理を食べながら、創業者・犬竹会長のプロ級の手品を楽しませていただきました。

ポスター発表の表彰もあり、アポック日高センター前薬局2号店とポプラ薬局が「優秀ポスター賞」として表彰されました。

今回の研究発表会で、社員同士の気づきと絆が深まり、さらにアポックが成長する原動力になったことを感じました。

第12回日本薬局学会学術総会に参加してきました!

こんにちは。

薬局アポック入間店の王です。

11/3(土)~11/4(日)に名古屋で開催された

「第12回日本薬局学会学術総会」に参加させて頂きました。

その様子をご紹介いたします。

今回の学会では89題の口演発表と157題ポスター発表が出展されておりました。

その中で私は

「抗インフルエンザウイルス薬の使用実績からみたインフルエンザの流行の早期発見、および適正在庫予測の試み」

についてポスター発表させて頂きました。

ポスター発表は60分間の質疑応答時間がありました。

その中でさまざまな方々から質問を頂き、情報の交換ができました。

入社してから初めての学会で緊張もありましたが、

いろんな人との交流ができとても充実した時間を過ごすことができました。

夜や学会の時間以外では

本部や他の店舗の方々と名古屋名物の名古屋コーチンを食べたり、

観光を行ったりととても充実した2日間を過ごすことができました。